読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧困ビジネス~資格商法を考える~ 占星術師を通して資格取得について思うこと。

貧困ビジネス資格商法を考える~

 

f:id:marumoe-chiron:20170519063122j:image

占いも芸術もはっきり言って資格がいらない職業です。
資格取得はよほどの専門技能で無い限りある意味何も自分を知らない方への配慮程度になってしまうことが特にこの業界だと多いのかもしれませんね。もちろん愉しみの一つとして、資格取得を通して学ぶことはとてもステキなことだと感じています^^
個人的には留学も含めて東京藝術大学修士号まで取得していることもあり、それにプラスして”資格”として取得を考えるとすればアカデミックなもので、臨床心理士の資格。自身が研究していきたい分野として長い人生の中でタイミングを計って臨みたいことのひとつです。おそらく芸術博士号を取得の方が優先しそうなのですが。(臨床心理士は心理学科の大学院にもう一度通う必要ありなのです)


女性を狙う貧困ビジネス?資格取得?

という話をするのも、最近巷で女性を狙った資格取得の詐欺まがいのビジネスが横行しているそうなのです。
働く単身女性の3分の1が年収114万円未満の世の中。その中の10~20代女性で年収200万円以下を「貧困女子」と呼ぶそうです。年収200万ということは月手取りが14万円ほど。

そんな彼女たち自身の人生設計を考えたときに将来的な不安から「手に職を」ということで資格を考えるのは自然な話ですが、悲しいことにその前向きな気持ちを利用してほとんど取得しても意味のない資格もしくは資格取得のための教材コピーなどをを高額で売りつけるそうです。価格も5~15万キワどい価格で、確かに生活の不安などを解消できるという希望が見込めれば払いたくなるような金額ですよね…

 また、イケメンによるデート商法的なアプローチで寄ってくる場合が多いのも特徴とのこと。

 

資格取得の際に考慮すること

語学やパソコン、花嫁修業など、どんな技能も出来ればかならず役に立ちますし、身を助けます。しかしながら、不安を解く仕事に従事しているものとしては、もし資格を取得するとすれば以下のことを配慮に入れるべきだと考えます。

 

  • 技能は時間と努力なしには得れないという前提を持つ

→新しく始めて簡単に手に入れたもので、すぐに技術の対価=お金になるものはめったに無い 

  • 費用に対しての回収プランを考える

→わたしは”どのような”バリューをこの勉強に求めているか方向を定める

  • 資格が人生を変えるのではなく、技能をどのように活用するかが人生を変える

 

とくに3つ目が重要です。
いずれにせよ、学ぶことの目的、つまり計画をしっかり立てるということですね!お金が目的なら、現在していることの更にプラスアルファになるもので学ぶことが重要。実は新しく始めることをマネタイズするには時間がかかります。


占いも、精神鍛錬や自己コントロールやコミュニケーションのツールとしては非常に非常に有効です。こころの状態は仕事のパフォーマンスに大きく影響します。一方でマネタイズとなるとより深い心理学や哲学的なもの人生経験であったり、コンサルテーション力であったり別の分野の勉強のほうも重要になってくるのですね。

 基本私の場合ビジネスのための勉強においての回収プランは、技能取得にかけた時間を目安に考えております。

例えば

2万円×3ヶ月とすれば、

3ヶ月で6万円の利益を見込めるか

と言ったように。
どんなに回収に時間がかかったとしても3年以内に回収できるという、条件をつけていますね。

 そして勉強を始めるときは、まず1冊本を買って独学で勉強してみることが大切です。そこで、理解できなかったことを、実際のプロから学んで技能にしていくことがコストパフォーマンスが良くなります。
書籍は効率が良くて、例えば占星術の専門書は輸入でしか手に入れられないものが多く高額になるのですが、その分還元できる内容を考えながら学びますし英語の勉強にもなります。実際の講演や講義に行くのは講師の方の思考プロセスを研究したい時だけですね。

 将来への不安を感じているとき、まずその不安はどこから来ていて、どのような解決方法があるのか落ち着いて考える必要があります。

そして仕事に就くことは、稼ぐだけではなく日々スキルをレベルアップさせる”長期的に稼ぐ”方向への鍛錬も兼ねているということを忘れてはなりません。
私自身も多くのお客様の転職や、人生の岐路を一緒に考えることを占星術使用した対話を通してお客様の考えを生理整頓していく仕事で感じることは、このような資格商法の手口はその先一番重要な部分を「楽できそうな雰囲気にしている」ところに漬け込まれる方が多いのかなと感じますね。それは”講座受けること”で得ることのできる”甘い夢”なのです。相手の言うことは非常にかゆいところに手が届くようなものですが、あなた自身が価値を”受けること”の先にしっかり計画することが大切なのです。


本日こんな話をしたのも、先日この資格商法や未来の不安でお悩みになられている方のカウンセリングさせて頂いたのもあります。

そして丁度私もそういう意味で占星術の講座を開く関係で、しっかり自身が指導することについて”立ち位置”を定めなくてはいけないなと感じたのもありますね。最近は近くに占星術の講座を行う関係で指導するほうからお越しくださった方に「お土産」をどれだけもって帰っていただけるかを毎日考えていたりします。 

生活やビジネスに占星術というトピックをどれだけ有効に取り入れていただけるようにしていくか。ただ占星術を学ぶだけであれば、私よりも年を重ねた貫禄のあるベテランさんは沢山いますし、もっとエモーショナルな解釈をする方も沢山います。

そのなかで、”現代生活に広く役に立つ部分”は何かと切り口を考えること、”難解”といわれるものへスムーズに入る方法。ご提供するコストパフォーマンスとして特別性を持たせて行きたいと思いますね。

 

なので今回は、占いの手法自体に重きを置くのではなく「コミュニケーションに使える」というコンセプトを持たせることにしました。ビジネスシーンや恋愛、様々な活かし方がありますので!

 

ぜひ占星術を活用していただき、より豊かな生活に活かして頂きたいものです。


本日はこのあたりで~